初めてキャッシングする方

とあることがきっかけで、キャッシング・カードローンを利用することになったあなた。
サッと借りて返済できたらいいのですが、何しろ初めての借入ですから不安もいっぱい。
安心してキャッシング・カードローンを利用するためには、どうすればいいのでしょう。
そこで借入までの流れと気をつけるべきポイントなどを、紹介していきたいと思います!

キャッシング・カードローンってどうやって利用すればいいの!?

どうやって利用すればいいのか
どうやって借入すればいいのか

初めてのキャッシング・カードローンであれば、当然わからないことですよね。

借入する方法としては、基本的に以下の2パターンがあります。

  • パターンA:消費者金融を利用する
  • パターンB:銀行系カードローンを利用する
分けられているからには、やはり何かしらの違いがあるはず。

大きな違いとしては、3つありますよ。

  • 総量規制の対象かどうか
  • 専業主婦の借入ができるかどうか
  • 融資限度額・金利・審査基準

消費者金融と銀行系カードローン 3つの大きな違い

さて、消費者金融と銀行系カードローンの違いとしては大きく分けて3つあります。 それが、先ほど挙げた①~③ですね。

①総量規制の対象かどうか

総量規制とは、超簡単に説明すると年収1/3以上の借入ができない法律のことです。 消費者金融は、この総量規制の対象となります。 反対に銀行系カードローンは、総量規制の対象外です。

②専業主婦の借入ができるかどうか

消費者金融では、基本的に専業主婦の方は借入することができません。 一方、銀行系カードローンであれば借入可能のところもあります。 ※配偶者同意書などを提出することで、消費者金融からも借入できるケースもあります。

③融資限度額・金利・審査基準

一般的に比較してみると、消費者金融よりも銀行系カードローンのほうが融資限度額や金利が優れている場合が多いようです。 銀行系カードローンは、運営元が銀行ですので資本力があるというわけですね。 ただ実際には、銀行系カードローンも消費者金融も、金利にそれほど大きな差があるというわけでもないようです。

平均金利

  • ・銀行系カードローン:3~15%
  • ・消費者金融:4~18%
概ねこれくらいだと言われています。

また消費者金融よりも銀行系カードローンのほうが、審査が厳しいケースが多いです。
銀行系カードローンの審査が厳しい理由としては、やはりメリットがたくさんあることも1つです。

しかしそれだけではなく、審査を厳しくすることによって、銀行の信用度を維持しているとも言えるでしょう。

なぜかというと、銀行は一般の人から預かったお金で融資や投資を行い、利益を上げています。
そんな銀行が甘い審査で誰にも彼にもお金を貸しているとなると、一般の人はどう思うでしょうか?
やはり、誰にでも貸しているということで、安心してお金を預けることができなくなってしまいます。

そういったところから考えると、安心してお金を借りたいという場合は、やはり銀行系カードローンを利用するのが良いでしょう。 しかし必ずしも審査に通るとは限りません。
早くお金を借りたいという場合は、消費者金融を利用したほうが良いかもしれませんね。

店頭窓口もしくはインターネットから申込できる

申込方法としては、店頭窓口とインターネットでの申込があります。 それぞれの手順について、簡単にご紹介していきます。

キャッシングの流れ

STEP01インターネットから申し込む

STEP02審査結果の確認

キャッシングの流れ

  • 郵送で契約
  • STEP03必要書類を送付
  • STEP04契約・カード発行

郵送で契約って?

郵送契約とは、送られてきた必要書類に必要事項等を記入し、送付することで契約する方法です。場合によっては、給与明細書や確定申告書、源泉徴収票など収入証明書も一緒に提出しなければならない場合もあります。

  • 来店で契約
  • STEP03来店
  • STEP04契約・カード発行

来店で契約って?

実際に店舗へと足を運び、その場で必要書類に必要事項等を記入し契約する方法です。本人確認のために、必要書類と一緒に運転免許証や健康保険証などを持参する必要があります。場合によっては、給与明細書や確定申告書、源泉徴収票など収入証明書も一緒に提出しなければならない場合もあります。

店頭で申し込む場合

  • 申し込み
  • 審査結果
  • 契約手続き
  • カード受取

金融機関ありすぎてどこを選べばいいのかわからない!

カードローン・キャッシングは、銀行系カードローンや消費者金融で利用することができます。
しかし銀行系カードローンや消費者金融には、いろんなところがありすぎて結局どこを利用すればいいのかわらないものですよね。

ということでメジャーな金融機関と、それぞれの借入限度額・実質年率を一覧で紹介していきます!

会社名プロミスアコムレイクアイフルモビットバンクイックオリックス銀行三井住友銀行楽天銀行カードローンジャパンネット銀行
借入限度額500万円500万円500万円500万円800万円500万円最高800万円800万円500万円1,000万円
実質年率4.5%~17.8%4.7%~18.0%4.5%~18.0%4.5%〜18.0%3.0%~18.0%4.6%~14.6%3.0%~17.8%4.0%〜14.5%4.9%~14.5%2.5%~18.0%

さて、ザッと一覧表にしてみましたが、どうでしょうか?
銀行系カードローンと消費者金融には、こういったところがありますよ。
細かく見てみると借入限度額や実質年率は、会社によって異なるのがわかります。

いくら借りたいと思っているのか金利はどれくらいになるのかなど、自分のニーズと一覧表を比べてみてくださいね。

はじめてのキャッシング”そもそも話”

どうやって借りればいいのか、どこで借りればいいのか。 また金融会社ごとの借入限度額や実質年率についてお話してきました。

ここに来てそもそもの話をしたいという人もいるのでは?

  • ・そもそも借りたければ誰でも借りられるの?
  • ・そもそも仕事をしていなければお金を借りられないの?
  • ・そもそも人に知られずに借入することはできるの? などなど

ここでこの「そもそも話」についてお答えしていきたいと思います。

そもそも借りたければ誰でも借りられるの?

結論から言うと、基本的には誰でも借りられるけど、借りられない場合もある、です。

これでは、結論になっていないと思いますので説明していきますね。

  • 年齢制限はある、しかし学生ローンなら借りられる

    基本的にキャッシングやカードローンは、20歳以上でないと利用できません。
    このように年齢制限は設けられていますが、学生ローンなら借りられます。
    ただ18、19歳の子が学生ローンを利用するには、親権者の同意が必要です。
    基本的に17歳以下の人は、キャッシングを利用することはできません。
    上に関しては、大体65歳までか69歳までに設定しているところが多いです。
  • 学生やアルバイト・パートは、条件さえ満たせば借りられる

    20歳以上の学生であれば、親権者の同意がなくても学生ローンには入ることができます。
    また20歳以上であれば、キャッシングカードやローンカードも持つことができます。
    しかし学生やアルバイト・パートの人が借入する場合、安定した収入があることが条件です。
    収入がない場合は、審査に通りません。
  • 専業主婦は、配偶者同意書などを出せば借りられる

    基本的に安定した収入がなければ、キャッシング・カードローンは利用できません。 しかし専業主婦であれば、借りられる場合があります。 それは、配偶者同意書など必要書類を用意できる場合です。 ほかに銀行系カードローンであれば、利用することができます。

このようにどんな状況でどんな仕事をしている人でも、基本的に条件を満たせば利用できるようになります。 借入不可能と言われるような人は、おそらく本当に無職の成人と言えるでしょう。

そもそも仕事をしていなければお金を借りられないの?

これに関しては、上で記述した内容を読んでもらえばわかると思います。 正社員でなくても安定した収入があれば、アルバイトやパートでも借入は可能です。

また専業主婦も、銀行系カードローンであれば利用できます。 消費者金融を利用したい場合も、配偶者同意書があれば利用できるところもあります。

そもそも人に知られずに借入することはできるの?

金融会社によっては、家族などに知られずに借入できるところもあります。

  • 郵送物がない

    カードや書類などの郵送がされないということです。 自宅までカードや書類が送られてくると、家族に借入したことがバレる可能性大です。
  • 電話連絡がない

    自宅や会社に電話連絡がこないということです。 最近の金融機関は、電話連絡があっても借入しているという内容がわからないようにしてくれるところがほとんどのようです。 それでも電話連絡なしのところの方が安心して利用できるでしょう。
  • カードレス

    最近では、カードレスで利用できるところも増えています。 ふとした時にローンカードを家族に見られてしまったというリスクをなくすことができます。

このような方法なら、家族など身の回りの人にバレずに借入することができるでしょう。

正直お金を借りるのって何だか怖い……

初めてのキャッシングやカードローン。
みなさんの中には、こういったところでお金を借りることに対して恐怖心を感じている人もいるのでは?

例えば……

・もし返せなくなったらどうなるの?

・違法金融業者とかいるんじゃないの?

・詐欺に遭ったりしない? などなど。

こういったところに不安を感じている人もいるかもしれませんね。

もしお金を借りたあと、失業してしまったとか病気をしてしまったとしたら返済は難しくなります。
そして返済が滞ってしまったら、どうなるのでしょうか。

安心してキャッシング・カードローンを利用するためにも、この点についてお話しておきます。

もし返せなくなったらどうなるの?

もし失業や病気などが理由で、借金返済が難しくなってしまったら。

遅れそうなことを黙ったまま過ごすのは、絶対にやめましょう。

事前に返済が遅れてしまうことを利用する金融機関に伝えておけば、支払日を数日後にずらしてもらうことが可能です。
ただし雷尾変更による延長可能日数は、利用している金融機関によって異なります。
中には、電話にて応相談といったところもあります。
いずれにしても、返済が遅れてしまう場合は、金融機関に相談するのが良いです。

反対に、もし黙ったまま返済せずに過ごしているとどうなるのでしょうか。

一言で言うと、信用情報機関に金融ブラックリスト・金融事故として登録されます。

金融事故となる定義としては、以下の通りです。

・返済日から61日以上もしくは、3ヵ月以上支払い遅延があるもしくはあった者

キャッシングの場合は、61日以上遅延すると信用情報機関に登録されると思っておいてください。

ここで特に頭に入れておいてほしいのが、61日以下なら遅延しても大丈夫なのかということです。
答えとしては、決して大丈夫というわけではありません。
1日でも遅延した段階で、その情報が信用情報機関に記載されるのです。

金融機関は、借入の申込があった時、この信用情報機関の情報を元に審査を進めます。 過去に遅延したことがあり、その情報が記載されていたとしたらどうなるのか。
当然、消費者金融や銀行からすれば、『信用に欠ける人物』といった印象が付いてしまいます。 そうなれば審査に通りにくくなり、借入するのが難しくなってしまいます。

どうしても仕方がない状況に陥った時は、前もって返済が遅れることを金融機関に相談しましょう。
可能であれば、遅延はしないに越したことはありません。

他にも、債務整理といった法的措置もありますが、ここでは割愛させていただきます。

違法金融業者とかいるんじゃないの?

さて、『お金を借りる』ということを想像した時、否定できないのが違法な金融業者の存在です。
だからこそ利用する金融業者は、きちんと比較するなどして選ばなくてはなりません。

違法な金融業者……みなさんは、どういったことをイメージするでしょうか。

恫喝や暴力を含む激しい取立

黒塗りの車

金髪やオールバック、スキンヘッド

刺青

よくわからない柄の派手なシャツやスーツ

金色のネックレス

このように怖いイメージをする人もいるかと思います。

確かにそういった「THE 違法業者」と言えるような特徴を持った、わかりやすい違法業者がいた時代もありました。
しかし近年では、違法業者でも当時とは異なるやり口となっているようです。

担当者の容姿:小奇麗な普通のサラリーマン風

対応・言葉遣い:ビジネスマナーがあり、とても丁寧

こういったパッと見では、合法の金融業者と見間違えるのが現代のやり口みたいです。
そのため被害者の多くは、『違法金融業者』と気づかぬまま利用し続けてしまうことも。
利用者本人が違法だと気づかない限りは、警察に届出することもなく被害は大きくなる一方。

しかし、たとえ容姿や対応・取立がソフトになったとしても、違法は違法。
利用する前にしっかりと、違法金融業者を見極める力を身に付けておきたいところです。

違法金融業者の特徴

  • 国・都道府県に登録申請を出していない、営業許可を受けていない
  • 法律(利息制限法、貸金業法)に基づいた貸付を行なわない
  • 親身に相談に乗るフリをする
  • 紹介者同士でグループを作らせる ※1人の返済が遅れた場合にグループ全体の連帯責任にさせるため  人間の『他人に迷惑をかけたくない』という心理を利用した厭らしい手口です。
  • 最初は1~2万円と少額貸付・短期貸付
  • やり取りは直接ではなく電話やり取りが多い ※直接会って顔を見られるとそこから足がついてしまう可能性があるため

こういったことが違法金融業者の特徴と言えます。

詐欺に遭ったりしない?

詐欺に遭う可能性があるのでは?という懸念を持っている人もいることでしょう。
キャッシング・カードローンは、お金が必要な時に借りられる便利なサービス。
実際に多くの人が、キャッシング・カードローンを利用していることでしょう。

しかし、キャッシング・カードローンを利用する際は、『キャッシング詐欺』に注意しましょう。

キャッシング詐欺には、大きく分けて2つの種類が存在します。

貸します詐欺(申込時に遭う詐欺)

フィッシング詐欺(利用時に遭う詐欺)

この2つです。

まず、『貸します詐欺』について。

貸します詐欺は、低金利であることや借入条件の低さをアピールして勧誘してきます。 そして申込時に、手数料や保証料として現金を振り込ませてくるのが一般的な手段。

振込後は、当然提示されていた条件で利用することはありません。 また借入自体できることもありません。 そのまま契約が進むことはなく、ある日急に連絡が途絶えるという詐欺です。

初めてキャッシング・カードローンを利用する人は、大手のところや有名なところを利用するので、貸します詐欺に引っかかることは少ないでしょう。

しかし多重債務者などは、大手業者に申込しても審査に通らないことがほとんどです。 そのため、貸します詐欺の謳い文句にまんまと騙されてしまうという人が多いようです。

次に『フィッシング詐欺』について。

最近のキャッシング・カードローンは、借入・返済以外に業者とのやり取りもメールですることが多くなっています。

フィッシング詐欺というのは、そのシステムを利用した際に遭いやすい詐欺です。 手口としては、利用している金融業者と似ているホームページを作成します。 そして利用している業者と勘違いした利用者が、そのままIDや暗証番号を入力します。 そうして利用者が入力したIDや暗証番号を抜き取るという手口です。

ホームページなどの作りも、かなり本物の業者に似せて作っておりかなり巧妙です。 また『利息が低くなる』、『無利息サービスが受けられる』といった内容のメルマガを、公式を装って送りつけてきます。 上手いことを言って、そのメール内に記載されている指定サイトに誘導するというわけです。

その指定サイトのURLをクリックすると、偽サイトのログイン画面に到達し、そこでIDや暗証番号の入力を求められます。

IDや暗証番号を抜き取られてしまうと最後。 その情報を使って高額な借入がされてしまうことになるでしょう。

また近頃では、公式ホームページ内にウイルスを流して詐欺を行うケースも増えているようです。 ウイルスによって、勝手に偽サイトに飛ばされてしまうというものです。
ここまで巧妙になると利用側は、詐欺に遭っていることにも気づかないかもしれません。

キャッシング・カードローンは、利用者にとってはとても便利なサービスです。
しかしこういった詐欺もあるので、初めて利用する人は特に気をつけてくださいね。

利用者に人気のカードローン記事

  • カードローンとキャッシングの違い

    カードローンとキャッシングの違い

    これからお金を借りようと考えているみなさん。 カードローンとキャッシングの違いってご存知ですか? もしかしたら「違うものだったの!?」と驚いた人も...

    詳しく見る
  • よく聞く過払い金とカードローンの実情

    よく聞く過払い金とカードローンの実情

    「カードローンなどの過払い金を取り戻すことができるかもしれません!」 近頃では、こういった広告やCMを見かける機会が多くなりましたね。 払い過...

    詳しく見る
  • 総量規制ってなに?

    総量規制ってなに?

    みなさんの中には、カードローンやキャッシングの利用を検討している人もいるのではないでしょうか。 初めての人であれば、事前にいろんな情報収集をしておく...

    詳しく見る
  • 借金を一本化するメリットとは?

    借金を一本化するメリットとは?

    みなさんの中には、「借金を一本化しようか」と考えている人もいるのでは? よく金融会社の広告で「ローン一本化しませんか?」といった謳い文句を見かけます...

    詳しく見る
一覧を見る

目的別に探す

  • 低金利
  • 女性向けローン
  • おまとめ・借り換え
  • 即日融資
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 無利息キャッシング
  • 申し込みスピード

このページの先頭へ