カードローン・キャッシングQ&A

  • 消費者金融の審査基準って何ですか?

    総量規制導入以降は、消費者金融に対して「指定信用情報機関」を通した審査が義務となりました。
    どの消費者金融を利用しても、同じ信用情報を元に審査が行われます。
    そのため消費者金融ごとに、審査基準に大きな差があるわけではないようです。

    ただ審査する際に重視している事柄がいくつかあります。
    ・他社取引状況(返済が滞っていないか)
    ・個人の属性(既婚・独身、勤続年数等)

    この他にも、信用情報機関に「ブラックリスト」として登録されている場合は、審査通過が難しいとされています。
    ブラックリストは、過去に債務整理や返済事故がある人が登録されます。

  • 家族にバレずに借入できますか?

    基本的には、審査のために電話等がかかってくることが多いです。
    しかしその場合も、金融会社の名前ではなく担当の個人名でかかってくることが多いです。
    たとえば、「山田と申しますが、◯◯さんはいらっしゃいますか?」といった感じです。

    また本人が留守だったとしても、電話を受けた人に借入したことがわかる内容が話されることはありません。
    そのため、基本的には家族などにバレる心配はないでしょう。

    金融機関によっては、申し込み時に電話連絡がないところもあるようです。
    バレることが不安であれば、そういった金融機関を利用するのも1つの手です。

  • 繰り上げ返済することは可能ですか?

    基本的にカードローンでは、毎月決まった日に一定金額が銀行口座からの引き落としされ、それが返済となります。
    ですが、もちろん残額をまとめて返済することも可能です。
    一般的には、これを繰り上げ返済と呼びます。

    繰り上げ返済のメリットとしては、通常の完済日までの利息が発生しない点です。
    つまりその分、安く済むということです。

    残額は、ATMや振込といった形で払い込むことが可能です。
    もちろん全額でなくとも、一部だけという形も可能です。

    一部繰り上げ返済する場合も、借りている元金を減らすことができます。
    そのため、次回以降の返済にかかる利息分を少なくできます。
    ボーナスなど金銭的余裕が生まれたら、可能な範囲で繰り上げ返済して利息金額を低くおさえるというのが賢い使い方と言えるでしょう。

  • おまとめローンって何ですか?

    おまとめローンとは、複数の金融会社からの借金いわゆる多重債務を一本化して、毎月の返済の負担を減らすことを言います。
    そのため、一本化ローンや借り換えローンと呼ばれることもあります。

    基本的な流れとしては、金利の低い金融機関1社から融資を受けます。
    その融資金を使い、その他複数社の借金を返済していきます。
    最後に融資を受けた金融機関へ毎月の返済をしていくというものです。

    低金利になったことで、それまでよりも利息がやすくなり、返済の負担を軽減することが可能です。

  • 正社員として働いていませんが、借入可能ですか?

    近年、雇用形態の多様化が進んでいます。
    アルバイト、パート、契約社員、派遣社員など正社員以外にもさまざまな雇用形態があります。
    たとえ正規雇用でなくても、安定した収入があるならローンやキャッシングを利用できる金融業者は存在します。
    ですから、正社員として働いていなくても、安定した収入があればカードローンは利用可能と言えるでしょう。

    ただカードローン申し込み時には、返済能力などの審査が入ります。
    その際に収入以外にも、預金や不動産の所有があるなら、そのことも申請しておくと良いでしょう。
    そうすれば、好条件で借りられる場合もあります。

  • 返済が滞ってしまった場合どうなりますか?

    万が一、カードローンの返済が滞ってしまった場合どうなるのか。
    それは、新規の貸出が停止してしまい、債権回収を行われることになります。
    実質、利用停止ということになるので、返済は滞らないようにすることが肝心です。

    カードローンの返済に関しては、基本的に自動の口座振替となっています。
    そのため、定期的に口座残額を確認するなど心がけましょう。
    引き落とし期日には、必ず自分の口座に返済分のお金が入っている状態にしておきましょう。

    もし期日にお金を用意することが難しい場合は、前もってカード会社に相談するようにしてください。
    返済が遅れてしまうと、その時だけでなく信用情報に履歴が残ってしまいます。
    後々になってお金を借りようと思った時に、影響が出る可能性もあるので気をつけましょう。

  • レディースローンってどんなものですか?

    レディースローン、またの名を女性専用ローンと言います。
    文字通り、主に女性をターゲットとしたローンとなっています。
    女性は、男性と比べて金融業者の店舗に足を運ぶことや融資の申し込みをすることに躊躇があるようです。
    その女性の傾向から、女性が利用しやすいサービスを導入し顧客拡大を狙ったローンになります。

    例えば、ローンカードは、女性でも持ちやすいようにデザイン面に工夫がされています。
    またオペレーターに女性を採用するなど、女性利用者の抵抗感が少なくなるように努めています。

  • 悪徳業者の見分け方があれば教えてください。

    基本的にローンやキャッシングの貸金業者は、都道府県や財務局に届出をします。
    そして営業許可を受けることができた場合のみ営業することができます。
    しかし中には、この許可を取らずに違法な貸付業務を行なっているところもあるのです。

    悪徳業者は、利息率や取立方法が違法であることが多いです。
    悪徳業者の手口としては、かなり金利の低い業者のフリをして申し込みを誘ってきます。
    そして何らかの理由付けをして、別業者を紹介するという手口が挙げられます。
    驚くほど金利が安いという場合は、簡単には信用せず、よく調べることが大切です。

    ほかにも、連絡先が携帯番号になっているような業者は要警戒です。
    なぜなら、そういった業者は摘発を恐れて事務所をかまえていない可能性があるからです。

  • 違法な貸付があるのではないかと不安ですが大丈夫ですか?

    カードローンやキャッシングと聞くと、どうしても悪徳業者の存在が不安という人は少なくありません。
    どんどん利子が増えていくのではないか?
    悪徳業者に騙されるのではないか?
    といったイメージが強かったと思います。

    実際問題、貸金業者の中には、法律を無視したような悪徳業者も存在します。
    しかし一般的な業者であれば、きちんと法律に則って融資しています。
    そのため違反するような貸付はしていません。

    また消費者金融では、個人が借入できる金額を本人の年収の1/3までとしています。
    これは、借りすぎてしまうことや返済が難しくなることを防ぐためでもあります。
    つまり、自分でコントロールして借入することが大切です。

  • 申し込み後、すぐの利用は可能ですか?

    利用する貸金業者によっては、可能と言えるでしょう。
    最近では、「即日審査・即日融資」を謳う業者が増えているようです。
    中には、審査時間最短30分といったところもあります。

    ネット申し込みの場合、カードは後日郵送で融資自体はネットから自分の口座に振り込んでもらえるサービスもあります。

    平日の場合、即日融資を受けたいのであれば、申し込みをする時間帯には気をつけましょう。
    ただインターネットを利用したサービスでは、基本的に24時間いつでも利用できる場合がほとんどです。

カードローン基礎知識

  • カードローンとキャッシングの違い

    カードローンとキャッシングの違い

    これからお金を借りようと考えているみなさん。 カードローンとキャッシングの違いってご存知ですか? もしかしたら「違うものだったの!?」と驚いた人も...

    詳しく見る
  • よく聞く過払い金とカードローンの実情

    よく聞く過払い金とカードローンの実情

    「カードローンなどの過払い金を取り戻すことができるかもしれません!」 近頃では、こういった広告やCMを見かける機会が多くなりましたね。 払い過...

    詳しく見る
  • 総量規制ってなに?

    総量規制ってなに?

    みなさんの中には、カードローンやキャッシングの利用を検討している人もいるのではないでしょうか。 初めての人であれば、事前にいろんな情報収集をしておく...

    詳しく見る
  • 借金を一本化するメリットとは?

    借金を一本化するメリットとは?

    みなさんの中には、「借金を一本化しようか」と考えている人もいるのでは? よく金融会社の広告で「ローン一本化しませんか?」といった謳い文句を見かけます...

    詳しく見る
一覧を見る

目的別に探す

  • 低金利
  • 女性向けローン
  • おまとめ・借り換え
  • 即日融資
  • 無利息キャッシング
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 申し込みスピード

このページの先頭へ