低金利カードローン

低金利って何が良いの?

皆さんお金を借りるならまず「低金利」というものに惹かれると思います!
しかしこの低金利の何が良くて皆さんは選ぶのでしょうか?
この点を知ろうと思ったら「金利」についても知っておく必要があります。
消費者金融や銀行からお金を借りるということは知らず知らずのうちに専門用語を使用しているということを知っておいてください
専門用語ですのでしっかりと言葉に意味があります。その意味を知っていなければきっと低金利だから良いんだ! という認識で金融機関を利用してしまうことになるのではないでしょうか。

金利

金利というものは一体何なのでしょうか?
お金を借りることができるサイトには(例)3.5~14%などのような数値が記載されています。
この数値が【金利】です。

金融機関からお金を借りると、借りたお金にプラスして利息というものを払う必要があります!消費者金融も商売の一つなので無償で借りるということができません。
しっかりと借りた「お金」に対して料金が発生する仕組みとなっています。

この利息を計算するときに使用するのが≪金利≫なのです。

では低金利の金融機関がどのように良いのでしょうか。
答えは簡単ですよね!

“余分に払うお金が減るのです!!”

場合によっては変わってきますが大体はお得になります!
多くの人が知っていることですが、でも専門的な言葉として再度認識をしておきましょう!

金融機関の専門用語

金利のように金融関係には様々な専門用語があふれています。
サイト内で紹介している金利の計算方法の内部にも多くの専門用語が含まれていますよね。
知識として知っておくべきことを併せてご紹介していきますのでどうぞご覧ください。

利率

利率という言葉も金融の言葉の中でよく耳にする言葉の一つかと思います。
こちらの言葉は実は【金利】とほぼ同じ意味で利用されているのです。

利子

利子という言葉についても金利の世界では同じ意味の単語が存在します。
それが【利息】です!

年利

年利とは1年間の金利の事になります。
年利と年率は同じ意味で使用されています。

金利に関する情報

日本では金利は法律で上限を設定してあります。
法律上で設定されている上限金利を超える金融機関があれば違法な業者ですので十分に注意をしましょう。
現在の皆さんが知っているような有名な消費者金融などでは金利上限を超えるような業者はいないので安心てご利用いただけます。

【日本の上限金利】
●10万円未満→20%
●10万円から100万円未満→18%
●100万円以上→15%

大手の消費者金融では違法行為はないですが、この情報は知っておくべき情報ですので、ぜひ頭の片隅にでも残しておいてくださいね。

利用者が見るべき金利

金融機関を利用するときに金利のパーセンテージを見るかと思いますが、このときの注意点をご紹介します。
皆さんは低金利を求めてパーセンテージをチェックすると思いますが、〇%~〇%と低い数と高い数が出ていると思います。
このときに自分に適応される金利は低い方だとは思わないようにしておきましょう。

金利の設定は自分ではどうすることもできません。
審査する側が利用者を審査して金利のパーセンテージを決定しますのでいくら最も低い金利の金融機関からお金を借りていても最低金利で借りられるとは限りません。

気持ち的にはどんな時でも最悪な方を想定しておくべきなのが金融機関の利用方法です。

余分な利息を減らす方法

利息は誰もが払いたくはないお金だとは思います。
ですがお金を借りる以上、何処までいっても利息というものはついてきてしまいます。
余分なお金にはなってしまいますが支払わなければならないというのが現実です。
なので、できるだけこの利息を減らす方法を知っておきましょう。

利息を減らすためのポイントとなるのが【金利】と【借入期間】なのです。

利息の計算方法は“元金×金利”で求めることができます。ということは利息を減らしていこうと思ったら、金利を低くすることができれば後に支払うことになる利息を減らすことができるというわけです。

だからこそ多くの方が【低金利】の金融機関からの借入れを求めているのです。
しかし、先に話したように金利というのは自分で設定留守ことができません。

もしかしたら高くなってしまう可能性も捨てきれないということを知っておきましょう。

もう一つ、利息金額を減らす方法をお伝えしておきます。
それは借入れ期間を短くするというものです!
利息は1年間借りるのと、半年かりるのではその後の利息返済金額が変動します。
借りている期間が短くなれば利息も少なくなります。

金融機関を通じてお金の借入を行う際には金利と借入期間に注意して利用していきましょう。

1ヶ月分の金利の計算ってどうすればいいの?

『借入額×年利%÷365日×1ヵ月=1ヵ月分の金利』となります。
例:借入額10万円/金利(年率)18.0%の場合
10万円×18.0%(0.18)÷365日×1ヵ月(30日)=1,480円
年利18.0%のところで10万円借りると月に1,480円が金利としてかかるというわけです。

低金利特集

低金利のオススメ!

金利が低いと利息分の負担が軽減します。つまり低金利だと毎月の返済金額を減らすことができるというわけですね!そんな低金利の金融会社はどこがあるのでしょうか?
おすすめ詳しくご紹介したいと思います!

◇最低金利が最も低いのはオリックス銀行

オリックス銀行は、借入金額などに応じて金利が最低で1.7%まで引き下げられます。

借入金額が高額な人ほどお得に利用できるカードローンとして知られていましたが、最近では300万円以下の金利も最大3%も引き下げられており、借入金額が少ない人でも低い金利で借り入れしやすくなっている金融会社です。

◇借入金額が高額になってしまうならジャパンネット銀行

最低金利だけで見ると1位のオリックス銀行と0.8%もの差がつくジャパンネット銀行ですが、その最大のメリットは利用限度額が大幅に引き上げられていることです。

オリックス銀行では最大で800万までの借入となりますが、ジャパンネット銀行なら最大で1,000万円まで借入することができます。
利用限度額は大きいですが、1万円という低額から借り入れすることもできますので利用シーンの幅も広がるカードローンです。

◇確実性を重視したいのならモビット

いくら低金利のカードローンを選んでも、審査に通らなかったり希望する金額を借り入れられなかったりしたらメリットを活かしきれませんよね。

上記のオリックス銀行やジャパンネット銀行は、いわゆる「銀行系カードローン」です。
モビットのような消費者金融と比べると審査基準が厳しく設定されていたり、職業によっては融資を受けられなかったりすることがあるのです。

オリックス銀行やジャパンネット銀行には金利としては差をつけられてしまう部分がありますが、モビットにはその両方の良いところを兼ね備えています。
さらに、銀行系カードローンに比べると審査に通りやすい、融資スピードが早いということも特徴です。

その他にも、最高金利が低く設定されている金融会社などをご紹介しています。
借入金額が少額になりそうな方などは多くの場合に最高金利が適用されますので、最高金利が低いところこそ「低金利」になるんですよ。

金融会社にはそれぞれメリットとデメリットがあります。また、借入金額によっても探し方が異なります。
上記を参考にして、あなたにとっての低金利を探してみましょう!
  • カードローン1位

    ジャパンネット銀行

    ジャパンネット銀行

    金利2.5~18.0%となっています。借入金額が高い人ほど低金利でご利用いただけます。

    公式サイトはこちら
  • カードローン2位

    モビット

    モビット

    金利3.0~18.0%と低金利から借りられるのが魅力。10秒簡易審査で、その場ですぐ融資可能か知れます。

    公式サイトはこちら
  • カードローン3位

    オリックス銀行

    オリックス銀行

    低金利で借りれる銀行カードローンなので、安心して利用することができます。

    公式サイトはこちら

02月21日 オススメのキャッシング会社はこちら

会社名実質年率審査時間限度額特徴
ジャパンネット銀行 ジャパンネット銀行 もっと詳しく見る 2.5%~18.0% 最短60分 1万円~1,000万円

ネット銀行ですが、利用限度額1,000万円というのが特徴です。
初回借入日から何度でも30日間無利息という点も魅力的です。

今すぐ簡単申込み
モビットモビット もっと詳しく見る 3.0%~18.0% 10秒簡易審査 1万円~800万円

10秒簡易審査ができるので、その場で融資可能かわかります。
「Web完結」申し込みなら、誰とも会わずに借入までできます。
※即日融資は、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

今すぐ簡単申込み
オリックス銀行 もっと詳しく見る 1.7%~17.8% 最短即日 最高800万円

限度額300万円以内であれば、収入証明書が原則不要です。
銀行系カードローンなので、安心して借入することができます。

今すぐ簡単申込み
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックバンクイック もっと詳しく見る 4.6%~14.6% 最短30分 1万円~500万円

国内メガバンクのカードローンなので、安心して借入ができます。
インターネットなら24時間受付だから、いつでも申し込み可能。

今すぐ簡単申込み
みずほ銀行 もっと詳しく見る [エグゼクティブプラン]3.0%~7.0%
[コンフォートプラン]3.5%~14.0%
最短即日 1,000万円

エグゼクティブプランでは、ご利用限度額200万円~1,000万円、金利 年3.0%~7.0%と低金利で
ご利用頂けます。借り換え、おまとめローンにもおすすめです。
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%は引き下げ適用後の金利です。

今すぐ簡単申込み

利用者に人気の記事軍団

  • じぶん銀行カードローン「じぶんローン」とは?

    じぶん銀行カードローン「じぶんローン」とは?

    じぶん銀行を知っていますでしょうか?じぶん銀行の宣伝は見たことのない方がほとんどではないでしょうか? じぶん銀行は2008年に三菱東京UFJ銀行とKDDIとの共同出資によって設立されたインターネ...

    詳しく見る
  • ゆうちょ銀行で取り扱われているスルガ銀行のカードローンって知ってました?

    ゆうちょ銀行で取り扱われているスルガ銀行のカードローンって知ってました?

    最近では各銀行がカードローンを取り扱っています。メガバンクはもちろんのこと、店舗がなくネットから申し込むような銀行(楽天銀行やセブン銀行など)までカードローンはあります。 そこで、民営化されたゆ...

    詳しく見る
  • 千葉銀行のカードローンはどんなカードローン?

    千葉銀行のカードローンはどんなカードローン?

    千葉銀行のカードローンと聞いて、千葉銀行がわからない方もいると思います。それもそのはず、名前の通り千葉県に本店を置く銀行のため関東の方ならわかると思いますが、関西など離れたところの方はほとんど知らない...

    詳しく見る
  • カードローンを一括返済する時に知っておくべき4のこと

    カードローンを一括返済する時に知っておくべき4のこと

    カードローンでの借入があって、ボーナスなどの臨時収入が入ったら一括返済して楽になりたいと思う人も多いと思います。毎月の返済はいくらかでも精神的な負担になります。 しかし、今まで口座にお金を用意し...

    詳しく見る
一覧を見る

目的別に探す

  • 低金利
  • 女性向けローン
  • おまとめ・借り換え
  • 即日融資
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 無利息キャッシング
  • 申し込みスピード

このページの先頭へ